お気に入り

Add to Google
My Yahoo!に追加

プロフィール

anomaly226

Author:anomaly226

証券会社に入社した1992年当時は相場下落の真っ最中。 出来高も1日2億株なんて日がありました。 株の事などろくに教えてもらえず、ノルマだけの毎日。 そこから抜け出し、今は自営業。 でも、今、自分だけで行う株式投資はとても楽しい。

お越し頂いた方

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ご注意・免責

投資は自己責任で行ってください。当サイトの指標・見方は正確でない場合があります。当サイトの情報を元にして、何らかの損害が発生しても当方は何ら責任を負いません。

RSSフィード

リンク

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

今日の株式相場は

携帯用QRコードです
QRコード

ブログパーツ

  • seo

日経平均            9958.44 (+174.97)
TOPIX            929.76 (+14.44)
東証一部出来高概算     20億5359万株   


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9920 10010 9920 9930 77038
IS 9930 9940 9910 9930 3744


私の見方
諮ったように1万円で頭打ち。
先物はほぼ行って来い。
心理的な節目というより、なんとか1万円付近にいさせたい感じ。
あと4~5日で日経平均の直近ザラ場高値10170円を抜けるかどうかに注目。


日柄のリズム 上げの6日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9748円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9783.47 (-93.92)
TOPIX            915.32 (-11.48)
東証一部出来高概算     22億3705万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9890 9950 9750 9820 73058
IS 9830 9880 9820 9870 4651


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反落。
NY市場が安かった事や、円高を嫌気した売りで安い場面もあったが、すぐに切り返し、小高い水準でもみ合った。
日経平均で9900円台からは上値を追う姿勢はなかった。
後場、みずほの増資計画報道をきっかけに銀行株が急落すると日経平均も先物に売りがでて、急落した。
大引けの日経平均株価は前週末比93円安の9783円と反落した。
為替は、1ドル=95.39-95.41(18:56現在)


私の見方
今日の下げはいただけないな。
ことによると上げ足が著しく鈍っているかも。


日柄のリズム 上げの5日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9619円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9877.39 (+81.31)
TOPIX            926.80 (+7.03)
東証一部出来高概算     19億1825万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9850 9910 9790 9900 59665
IS 9930 9950 9890 9900 5198


今日の相場の一般的な見解
日経平均は続伸、9800円回復。
前夜のNY市場が大幅高した流れを受けて東京市場も続伸して始まった。
ただ、すでに前日の大幅に上昇していることもあって、利益確定売りが上値を抑え、買い一巡後は伸び悩んだ。
やや円高に振れていることも警戒感を誘い、輸出関連株が売り優勢に傾くと、日経平均は下げに転じる場面もあった。
その後は、先物買いでジリジリと上昇。
大引けにかけて、高値圏で推移する展開となった。
大引けの日経平均株価は81円高の9877円と3日続伸した。
為替は、1ドル=95.88-95.90(18:29現在)


私の見方
堅調です。
本日、上げ転換。
今回の下げは8日間でした。
なんとも中途半端な感じ。
これから二番天井だ。


日柄のリズム 本日、上げ転換。上げの4日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9534円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら


日経平均            9796.08 (+205.76)
TOPIX            919.77 (+17.31)
東証一部出来高概算     22億3078万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9640 9890 9620 9790 96715
IS 9760 9820 9730 9760 8102


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅続伸、一時9800円回復。
円安を理由に買い戻しが入り、続伸して始まった。
先物の買い物が続き、裁定買いを誘発した。
ジリジリと上値を追い、後場には一時、280円高の9871円を付ける場面もあった。
引けにかけては戻り売りも出てだれたものの、大幅続伸。
大引けの日経平均株価は205円高の9796円。
為替は、1ドル=96.32-96.34(18:33現在)


私の見方
ぎょっとするような上げでした。
二番天井をつけにいくか。


日柄のリズム 下げの10日目か上げの3日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で9871円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9590.32 (+40.71)
TOPIX            902.46 (+0.77)
東証一部出来高概算     21億1460万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9600 9630 9540 9570 54793
IS 9550 9620 9550 9610 7068


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反発も戻りは弱い。
昨日の大幅安の反動で、寄り付きは自律反発狙いの買いで反発して始まった。
その後は、今晩のFOMCの結果公表を控え、様子見気分が台頭、上値の重い展開となった。
後場は一時、戻りを試す展開。
対ドルで円が軟調に推移したことで輸出関連株が底堅く推移、日経平均株価は一時74円高まであったが、金融関連株の一角がさえず、次第に伸び悩んだ。
大引けの日経平均株価は40円高の9590円と小幅に反発した。
為替は、1ドル=95.31-95.33(18:15現在)


私の見方
月末までは、底堅いかなと思ったけど、案外上値が重い。
9400~9600円でもみ合いかな。


日柄のリズム 下げの9日目か上げの2日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で9887円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9549.61 (-276.66)
TOPIX            901.69 (-20.79)
東証一部出来高概算     25億3287万株  


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9640 9650 9510 9540 84690
IS 9580 9590 9520 9570 6640


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅反落。
世界銀行が世界経済の底打ち期待に懐疑的な見解を出したことで、NY市場が急落。
それを受けた東京市場も大幅に下落して始まった。
円高進行も、売りを加速した。
市況関連株を中心に全面安の展開。
後場は、安値圏でもみ合い。
9550円近辺では押し目買いも入り底堅さを見せるものの、アジア株も全面安で切り返す力にはならなかった。
大引けの日経平均株価は276円安の9549円と大幅反落。
為替は、1ドル=95.40-95.42(19:31現在)


私の見方
25日移動平均線を割ってきました。
でも、需給的には買い方有利かな?
そんなにトントンとは下げないかも。


日柄のリズム 下げの8日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で9887円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9826.27 (+40.01)
TOPIX            922.48 (+3.51)
東証一部出来高概算     21億4803万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9790 9900 9760 9830 63208
IS 9780 9790 9730 9740 7574


今日の相場の一般的な見解
日経平均は小幅続伸。
NY市場の方向感が乏しいなか、東京市場も小動きとなった。
朝寄り付きは買われて始まったものの、円高を警戒する向きも強く、一時はマイナスになる場面もあった。
後場に入り、上値を試す展開。
香港ハンセン指数などアジア株が軒並み上昇し、日本市場にも買いが入った。
上げ幅は一時100円超に拡大したが、9900円台に迫ると戻り売りに上値を抑えられた。
大引けの日経平均株価は40円高の9826円と続伸した。
為替は、1ドル=95.83-95.85(18:13現在)


私の見方
25日移動平均線をちょっと下に見て、動いている感じ。
上げトレンドの調整場面に見える。
そうだとするとちょっと正直すぎるかな。
「下がらないはず」のところが狙われる可能性も。


日柄のリズム 下げの7日目か上げの3日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で9887円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら


日経平均            9786.26 (+82.54)
TOPIX            918.97 (+7.76)
東証一部出来高概算     24億7612万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9760 9830 9700 9770 69861
IS 9760 9830 9760 9830 6754


日柄のリズム 下げの6日目か上げの2日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で9845円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら


日経平均            9703.72 (-137.13)
TOPIX            911.13 (-11.82)
東証一部出来高概算     24億3134万株  


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9770 9780 9650 9730 58565
IS 9760 9770 9680 9690 7580


日柄のリズム 下げの5日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で9941円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら


日経平均            9840.85 (+87.97)
TOPIX            923.03 (+8.27)
東証一部出来高概算     25億4361万株  


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9720 9850 9710 9830 77664
IS 9810 9830 9730 9760 8559


日柄のリズム 下げの4日目か上げの2日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で10126円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら


日経平均            9752.88 (-286.79)
TOPIX            914.76 (-32.06)
東証一部出来高概算     26億4999万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9910 9920 9750 9770 72169
IS 9780 9820 9780 9810 4939


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅反落、10000円割れ。
前夜のアメリカ市場が大幅下落し、それを受けた東京市場も大幅に下げて始まった。
為替が1ドル=97円割れの水準まで進むと、輸出関連株を中心に売りが加速した。
後場、下げ幅を拡大。
円高とアジア株安が重しとなった。
売り一巡後は様子見ムード。
日銀金融政策決定会合では、全員一致で現状の政策金利の継続を決定したが、市場の反応は限られた。
大引けの日経平均株価は286円安の9752円と大幅に続落し、安値引け。
為替は、1ドル=96.57-96.59(16:56現在)


私の見方
下げ転換、まあ、当然といえば当然。
ここから、一回下げ転換を経て、上に行くか下に戻るか。
当面割ってはならないところは日経平均株価で8997円。
まだまだ遠い。
今回の上げの強さがわかります。


日柄のリズム 本日、下げ転換。下げの3日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で10170円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均           10039.67 (-96.15)
TOPIX            946.82 (-3.72)
東証一部出来高概算     24億9702万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 10110 10140 10030 10040 55338
IS 10020 10030 9960 9960 7001


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反落も、10000円は維持。
1万円台を回復した先週の反動がでて、主力株を中心に利益確定売りに押された。
押せば下値を拾う動きもあったものの、断続的な先物売りが上値を抑えた。
香港ハンセン指数などアジア株安もあって、下げ幅は一時100円を越える場面もあった。
売り一巡後に下げ渋る場面もあったが、引けにかけて手じまい売りが加速し、安値圏に押し返された。
大引けの日経平均株価は、96円安の10039円と反落した。
為替は、1ドル=98.06-98.08(19:05現在)


私の見方
さすがに一休み。
ここから、一回下げ転換を経て、上に行くか下に戻るか。


日柄のリズム 上げの21日目か下げの2日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9958円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均           10135.82 (+154.49)
TOPIX            950.54 (+9.89)
東証一部出来高概算     39億9746万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 10030 10180 10030 10140 78046
IS 10140 10140 10100 10110 6116


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反発で、10000円回復。
NY市場が上昇した流れを受けて反発、日経平均は10000円を回復して始まった。
出遅れ感の強かった金融株に買いが広がり、指数を押し上げた。
株価指数先物・オプション6月物のメジャーSQは無事に通過、SQ値は1万147円65銭だった。
後場に入り、上値追いの展開に。
先物主導で一段高となり、終値ベースとしては昨年10月以来の1万円台回復となった
大引けの日経平均株価は154円高の10135円と反発。
為替は、1ドル=98.11-98.13(18:06現在)


私の見方
SQ通過。
結構、上げました。
ここで、終わるか、終わらぬか?
週明けが一つのターニングポイントだ。


日柄のリズム 上げの20日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9813円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9981.33 (-10.16)
TOPIX            940.65 (+3.64)
東証一部出来高概算     30億1524万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9990 10020 9960 10020 36394
IS 9980 10030 9970 10020 4131


今日の相場の一般的な見解
日経平均は小反落、一時10000円回復。
このところの過熱感や、ザラ場ベースでフシ目の1万円を回復したことで目先達成感が台頭、前場後場を通して、終始もみ合いの展開に。
今晩のアメリカ5月小売売上高の発表や、あすの株価指数先物・オプション6月物のSQ算出で様子見気分が強く、昨日の終値付近で小動き。
大引けの日経平均株価は10円安の9981円と小反落した。
為替は、1ドル=97.78-97.80(17:55現在)


私の見方
いよいよ来たか、先物相場のクライマックスが。
明後日のメジャーSQ迄に大きな波がありそうな気配。
どこまで値を飛ばせるか?


日柄のリズム 上げの19日目か下げの2日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9755円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9991.49 (+204.67)
TOPIX            937.01 (+18.77)
東証一部出来高概算     28億2516万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9850 10000 9810 9990 65736
IS 10030 10070 10010 10050 9558


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反発、10000円目前で高値引け。
NY市場で停滞感が強い中、資源株を中心に物色されジリ高歩調となった。
前場後場を通して終始上げ基調を保ち、アメリカ株価指数先物が高いことや、香港ハンセン指数などアジア株も堅調で、日経平均は一段高となり、10000円目前まで迫った。
大引けの日経平均株価は204円高の9991円と大幅反発し、高値引け。
為替は、1ドル=97.78-97.80(18:05現在)


私の見方
いよいよ来たか、先物相場のクライマックスが。
明後日のメジャーSQ迄に大きな波がありそうな気配。
どこまで値を飛ばせるか?


日柄のリズム 上げの18日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9755円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9786.82 (-78.81)
TOPIX            918.24 (-8.65)
東証一部出来高概算     24億5944万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9830 9860 9750 9780 53668
IS 9810 9830 9780 9790 5041


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反落。
循環物色の流れが小型株・材料株へ向かっていることで、主力株に利益確定売りが広がった。
為替が強含んでいることも、相場の重しとなったが、前場中は押し目買い意欲も根強かった。
後場、アメリカ株価指数先物やアジア株の下落で、日経平均も下げ基調。
アメリカ政府が欧州系金融機関へストレステストを要請したと報じられ、再び金融株が手控えられた。
指数の下落幅は一時100円を超えた。
大引けの日経平均株価は78円安の9786円と3営業日ぶりに反落した。
為替は、1ドル=98.01-98.03(17:25現在)


私の見方
なんだか動きが止まり気味。
狭いレンジの動きが続く。
SQ前。明日、明後日で火を噴くか?


日柄のリズム 上げの17日目か下げの2日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9719円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9865.63 (+97.62)
TOPIX            926.89 (+10.33)
東証一部出来高概算     23億1517万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9820 9920 9820 9850 58688
IS 9810 9820 9760 9760 8091


今日の相場の一般的な見解
日経平均は続伸で、年初来高値。
為替がドルに対して98円台まで下落したことで、輸出関連株を中心に買いが先行した。
寄り付き後すぐに先物への大口の買いが入り、日経平均を押し上げた。
上げ幅は一時146円に拡大、9900円台を回復する場面もあった。
後場は、売り買いが交錯、上下34円の狭い範囲でもみ合った。
GLOBEXのアメリカ株価指数先物や、香港ハンセン指数が下落基調であることで、利益確定売りが上値を抑えた。
大引けの日経平均株価は前週末比97円高の9865円と続伸した。
為替は、1ドル=98.59-98.61(17:01現在)


私の見方
今週はメジャーSQ。
それまでにどんな展開があるのやら。
テレビでは10500円位を上値目処にしているところが多そうなので、それは無いと言うこと。
10500円を達成すれば、そのままもっと上となるし、逆に10000円位で調整入りもあり得るところ。
日柄のリズムでも今日で上げの16日となり、SQ当日までひっぱてもおかしくない状況になった。
そうすると来週は調整場面となる公算が大きい。


日柄のリズム 上げの16日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9654円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9768.01 (+99.05)
TOPIX            916.56 (+5.57)
東証一部出来高概算     23億1706万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9780 9780 9720 9780 45218
IS 9790 9830 9780 9830 5440


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反発。
前夜のNY市場株高から反発して始まった。
寄り付き後まもなく、上げ幅は100円を超えたが、短期的な過熱感や週末要因もあって上値を追う勢いはなく、買い一巡後は伸び悩んだ。
後場は小動き。
材料難から狭いレンジでもみ合っていたが、大引けにかけて、先物買いから上げ幅を若干広げた。
大引けの日経平均株価は99円高の9768円と反発した。
為替は、1ドル=96.62-96.64(17:43現在)


私の見方
先物の出来高が減ってきたことが気になるところだが、来週はメジャーSQでそこまでは今までの上昇トレンドが持続すると見る。
但し、そこからはかなり不透明。
大きな調整もあり得るところ。
要注意。


日柄のリズム 上げの15日目か下げの4日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9654円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9668.96 (-72.71)
TOPIX            910.99 (-3.51)
東証一部出来高概算     25億5204万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9690 9750 9650 9690 52230
IS 9730 9750 9730 9740 5586


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反落。
前夜のアメリカ市場が下げたことで、主力株中心に売りが先行した。
ただ、9700円より下の水準では、押し目買いが入り下げ渋り、一時上げに転じる場面もあった。
後場は手掛かり材料難で、様子見気分が台頭。
下値は限られたが五月雨的な売りにジリジリと値を消した。
大引けの日経平均株価は72円安の9668円と7営業日ぶりに反落した。
為替は、1ドル=96.30-96.32(17:31現在)


私の見方
少し調整気味。
引き続き11143円目標。


日柄のリズム 上げの14日目か下げの3日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9654円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9741.67 (+37.36)
TOPIX            914.50 (+0.94)
東証一部出来高概算     21億7598万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9730 9780 9720 9760 47413
IS 9770 9780 9690 9690 7024


今日の相場の一般的な見解
日経平均は小幅ながら、連日の年初来高値。
前夜のNY市場が下げなかったことで東京市場も買いが先行した。
このところの急騰で短期的な過熱感があり、買い一巡後は利益確定売りと押し合いに。
後場も流れは変わらず、終日プラス圏で推移したものの、日経平均で上下56円のレンジで小動きだった。
大引けの日経平均株価は37円高の9741円と小幅ながら6日続伸。
為替は、1ドル=96.05-96.07(17:38現在)


私の見方
さすがに休憩か。
引き続き11143円目標。


日柄のリズム 上げの13日目か下げの2日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9491円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9704.31 (+26.56)
TOPIX            913.56 (+1.04)
東証一部出来高概算     26億7702万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9790 9810 9690 9710 80091
IS 9690 9750 9670 9710 6314


今日の相場の一般的な見解
日経平均は続伸で、連日の年初来高値、9700円回復。

アメリカGMの破産法適用を受けたNY市場で、悪材料出尽くし感からダウ平均が大幅高した流れを受けて、幅広く買われて始まった。
幾分、円安気味に振れていることも、輸出関連株に買いを誘った。
ただ、急ピッチの上昇で短期的な過熱感も台頭、9800円近辺では利益確定売りに上値の重い展開となった。
後場、香港ハンセン指数などが軟調に推移、日経平均も9700円台でもみ合いとなった。
大引けにかけて先物へのまとまった売りがでて、上げ幅を縮小した。
大引けの日経平均株価は26円高の9704円と5日続伸し連日の年初来高値。


私の見方
さすがに真空地帯。
上を目指す力強さが感じられる。
引き続き11143円目標。


日柄のリズム 上げの12日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9426円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9677.75 (+155.25)
TOPIX            912.52 (+14.61)
東証一部出来高概算      25億129万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9510 9700 9490 9690 92793
IS 9740 9750 9710 9730 7189


今日の相場の一般的な見解
日経平均は続伸で、年初来高値、9600円回復。
前場寄り付き、利益確定売りに押されたが、先物への大口買いで上げに転じた。
5月の中国PMI(製造業購買担当者景況感指数)が3カ月連続で好不況の分かれ目とされる50を上回ったことも追い風となり、上値を切り上げ、9600円台を回復した。
後場に入り、一段高。
GM(ゼネラルモーターズ)が1日に米連邦破産法の適用を申請することが明らかになり、アク抜け感が広がった。
アメリカ株価指数先物高や、アジア株高、為替の落ち着きなども買いを後押しした。
大引けの日経平均株価は前週末比155円高の9677円と4連騰。
為替は、1ドル=94.75~94.76円(17:02現在)。


私の見方
9601円もあっさり抜いた。
ここからしばらくは売り禁止だね。
11143円目標。


日柄のリズム 上げの11日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9353円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



←←← ランキング参加です。ご協力おねがいします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物初心者へ←←← も一つご協力おねがいできませんか。


今日の株式相場は?日経平均先物投資の為に トップへ戻る

| ホーム |


 BLOG TOP 


SEO対策対策済テンプレート
Google