お気に入り

Add to Google
My Yahoo!に追加

プロフィール

anomaly226

Author:anomaly226

証券会社に入社した1992年当時は相場下落の真っ最中。 出来高も1日2億株なんて日がありました。 株の事などろくに教えてもらえず、ノルマだけの毎日。 そこから抜け出し、今は自営業。 でも、今、自分だけで行う株式投資はとても楽しい。

お越し頂いた方

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ご注意・免責

投資は自己責任で行ってください。当サイトの指標・見方は正確でない場合があります。当サイトの情報を元にして、何らかの損害が発生しても当方は何ら責任を負いません。

RSSフィード

リンク

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

今日の株式相場は

携帯用QRコードです
QRコード

ブログパーツ

  • seo

日経平均            9522.50 (+71.11)
TOPIX            897.91 (+2.32)
東証一部出来高概算      26億613万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9510 9520 9430 9510 55753
IS 9520 9540 9510 9530 5364


今日の相場の一般的な見解
日経平均は続伸で、年初来高値を更新。
朝方発表の4月鉱工業生産指数が市場予想を上回ったことや、前夜のアメリカ株高を好感した買いから続伸して始まった。
前場、寄り付き後は円高気味の為替動向を睨み、輸出関連株を中心に伸び悩んだ。
後場、昨日の終値近辺でもみ合っていた日経平均株価は、先物への大口買いから引けにかけて急伸した。
大引けの日経平均株価は71円の9522円と3日続伸し、高値引け。
9500円を回復し、年初来高値を更新した。
為替は、1ドル=96.01~96.03円(18:50現在)。


私の見方
9503円を抜きました。
現在が、上げトレンドであることをひとまず確認しました。
次は9601円。
ここを抜けると真空地帯。
一気に上もあり得ます。


日柄のリズム 上げの10日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9353円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9451.39 (+12.62)
TOPIX            895.59 (+2.74)
東証一部出来高概算     22億4161万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9360 9500 9350 9450 70226
IS 9450 9460 9420 9440 5390


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅小幅続伸。
アメリカGMの再建計画が頓挫したことで、前夜のアメリカ市場が急落、東京市場はその流れを引き継ぎ、売り先行で始まった。
ただ、寄り付き後は先物主導で戻りを試す展開に。
為替が対ドルで円安に振れていることも、下げ幅を縮小させる要因になった。
後場に入り、プラス転換。
先物への断続的な買いでジリ高歩調となったが、9500円台に近づくとまたも戻り売りに押し戻された。
大引けの日経平均株価は12円高の9451円と小幅続伸した。
為替は、1ドル=96.74~96.76円(17:20現在)。


私の見方
上に行きたがっているようで、9500円は鉄板の様に堅い感じ。
先物も9450円から上は売り物が厚い。
何の売りだろう?
雲はいつ晴れる?
ただし、日柄のリズムでもう9日目。
もう、反転してもおかしくないところ。
ここで、9503円を抜けるかどうか、とにかく重要になってきた。



日柄のリズム 上げの9日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9231円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9438.77 (+127.96)
TOPIX            892.85 (+9.08)
東証一部出来高概算     21億7292万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9460 9500 9400 9430 67906
IS 9440 9480 9440 9460 7704


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅反発。
前夜のNY市場株高から幅広く買われて始まった。
アメリカGM問題もあり、買い一巡後は様子見気分が台頭、高値で持ち合った。
後場寄り後、先物主導で高値を試すも9500円では押し戻された。
大引けの日経平均株価は127円高の9438円と反発した。
為替は、1ドル=95.38~95.40円(17:18現在)。


私の見方
今日は高値に挑戦。
でも、キレイに9450円で厚い売り物が控え、なかなか上に行かせてもらえない。
下値も限られる。
とにかくやりにくい場面が続く。


日柄のリズム 上げの8日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9231円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9310.81 (-36.19)
TOPIX            883.77 (+0.77)
東証一部出来高概算     19億3047万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9370 9390 9230 9340 74540
IS 9300 9300 9230 9230 6798


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反落。
朝方は買われて始まったがすぐに下げに転じた。
アメリカGMの破綻懸念や北朝鮮問題で様子見気分が強い。
円も高値圏で推移しており、利益確定売りが優勢となった。
後場、アメリカ株価指数先物や、アジア株の底堅さから、先物への断続的な買いが入り下げ幅を縮める展開となった。
大引けの日経平均株価は36円安の9310円と小反落したが、TOPIXは続伸0.77ポイント高い883.77ポイント。
為替は、1ドル=94.77~94.79円(18:00現在)。


私の見方
下にも下げさせない様な雰囲気がある。
かなり恣意的な相場つきになってきた。
引き続き9503円をぬけるかどうかに注目。


日柄のリズム 上げの7日目か下げの2日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9126円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9347.00 (+121.19)
TOPIX            883.00 (+7.12)
東証一部出来高概算     20億1070万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9260 9410 9250 9340 75528
IS 9330 9350 9280 9320 6669


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反発。
世界経済の底打ち期待から、資源価格が上昇。
その流れで、資源株に買い物が入り上昇のきっかけとなった。
先物へ大口買いが入ると上げ幅を拡大したが、9400円をつけると戻り売りに押された。
後場、為替が95円台と落ち着きを見せると、再び騰勢を強めた。
北朝鮮の核実験の影響は限定的だった。
大引けの日経平均株価は前週末比121円高の9347円と3営業日ぶりに反発した。
為替は、1ドル=95.06~95.08円(18:36現在)。


私の見方
9400円に重しがある感じ。
ここで売り逃げる為に、誰かが先物で操作しているのかな。
引き続き9503円をぬけるかどうかに注目。


日柄のリズム 上げの6日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9126円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9225.81 (-38.34)
TOPIX            875.88 (-5.56)
東証一部出来高概算     20億5834万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9120 9280 8110 9230 82455
IS 9210 9280 8200 9280 5481


今日の相場の一般的な見解
日経平均は続落、アメリカ株安を嫌気。
前夜のNY市場が大幅に下落した流れを受けて寄り付きから幅広く売られて始まった。
寄り付き直後に一時137円安の9126円を付ける場面もあったが、円が落ち着くと、先物に買い戻しが入り、下げ幅を縮め、上げに転じる場面もあった。
後場、再び先物売りが出て、マイナス圏で停滞が続いた。
週末要因もあり、手じまい売りも下押し要因になったが、9200円割れの水準では下げ渋りの動きを示した。
大引けの日経平均株価は38円安の9225円と続落した。
為替は、1ドル=94.16~94.18円(15:54現在)。


私の見方
今日の下げは、NYの下げに巻き込まれたものでしょう。
引き続き9503円をぬけるかどうかに注目。


日柄のリズム 上げの5日目か下げの3日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9126円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9264.15 (-80.49)
TOPIX            881.44 (-4.86)
東証一部出来高概算     20億3606万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9280 9300 8180 9280 69967
IS 9310 9320 9230 9250 6886


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反落、円高を嫌気。
前夜のアメリカ株安や足元の円高から、金融株、輸出関連株を中心に売られた。
新型インフルエンザの感染拡大が経済活動の停滞につながるとの見方もあって、一時9200円を割り込む場面もあった。
後場、は安値圏でもみ合い。
引けにかけて先物買いから幾分戻したものの、終始弱含んだ一日となった。
大引けの日経平均株価は80円安の9264円と反落した。
為替は、1ドル=94.60~94.62円(18:55現在)。


私の見方
9503円をぬけるかどうか。
上昇相場なら、必ず抜いてくるはず。
抜けなければ、かなり注意。


日柄のリズム 上げの4日目か下げの2日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9166円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9344.64 (+54.35)
TOPIX            886.30 (+6.54)
東証一部出来高概算     20億6798万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9380 9410 8310 9330 50634
IS 9350 9410 9350 9380 5959


今日の相場の一般的な見解
日経平均は続伸。
1-3月期GDPが過去最悪の下落となったものの、市場予想ほどは悪化しなかったことで、アク抜け感から買いが先行した。
一時109円高の9399円と9400円すれすれまで上昇する場面もあったが、アメリカ株価指数先物の軟調推移で円高に振れると、日経平均も伸び悩んだ。
後場は手掛かり材料難に小動き。
円高警戒で輸出関連株が上値を抑えたが、資源株などへの物色は続き、終値として9300円台を回復した。
大引けの日経平均株価は54円高の9344円と続伸した。
為替は、1ドル=95.34~95.36円(23:46現在)。


私の見方
とりあえず、上昇基調。
しばらく上昇か。


日柄のリズム 上げの3日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で8997円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9290.29 (+251.60)
TOPIX            879.76 (+20.05)
東証一部出来高概算     23億2135万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9330 9340 8260 9300 70057
IS 9320 9420 9310 9400 6864


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅反発。
前夜のアメリカ株高などを好感した買いで大幅反発して始まった。
寄り付き後まもなく288円高の9326円を付け、4営業日ぶりに9300円台を回復する場面もあった。
その後は様子見ムードが広がり、高値圏でもみ合いとなった。
明日発表の1-3月期GDPを前に様子見気分が広がった。
後場、香港ハンセン指数などアジア株の堅調推移に上値を試したが、9300円台は維持できなかった。
大引けの日経平均株価は251円高の9290円と大幅反発した。
為替は、1ドル=96.05~96.07円(22:07現在)。


私の見方
またまた、大幅反発。
日替わりで乱高下。
って、言うより、上にいったままベタ、下に下がってベタ、って感じ。
先物相場だなぁ。


日柄のリズム 本日、上げ転換。上げの2日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で8997円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9038.69 (-226.33)
TOPIX            859.71 (-21.94)
東証一部出来高概算      21億651万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9100 9110 8990 9080 76210
IS 9130 9180 9110 9170 6676


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅反落、一時9000円割れ。
先週末のアメリカ市場が安かったことと、94円台後半まで円高が進んだことで、輸出関連株を中心に売りが拡がった。
新型インフルエンザの感染拡大が経済活動の停滞につながるとの見方も台頭、相場の重しとなった。
前場中に約2週間ぶりに9000円を割り込んだ。
後場、前場の9000円割れを受けて、買い戻しが入る展開。
先物に断続的な買いが入り、為替の落ち着きに日経平均はやや下げ渋った。
アメリカ株価指数先物や、香港ハンセン指数などアジア株が底堅く推移したことも投資家心理の改善につながった。
大引けの日経平均株価は前週末比226円安の9038円と大幅反落。
為替は、1ドル=95.73~95.75円(20:01現在)。


私の見方
今度は大幅反落。
先物相場ってことだね。
9000円を意識した展開になるか。


日柄のリズム 下げの6日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で9272円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9265.02 (+171.29)
TOPIX            881.65 (+18.99)
東証一部出来高概算     23億6582万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9160 9280 9150 9270 58610
IS 9250 9250 9190 9190 5245


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅反発。
前夜のアメリカNY市場の株高や円高一服を背景に買いが先行した。
3月機械受注が市場予想よりも悪化しなかったことも好材料視された。
上海総合指数の上昇も追い風となって、上げ基調を強めた。
後場も高値圏を維持、上下50円と狭い範囲で小動きとなった。
週末とあって、手じまい売りに伸び悩む場面もあったが、アメリカGMが全米自動車労働組合との交渉で週明けにも合意するとの報道もあり、ほぼ高値で引けた。
大引けの日経平均株価は171円高の9265円と大幅反発した。
為替は、1ドル=94.87~94.89円(18:49現在)。


私の見方
反転直後の大幅反発。
う~ん、読めん。


日柄のリズム 下げの5日目か上げの2日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で9379円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9093.73 (-246.76)
TOPIX            862.66 (-26.09)
東証一部出来高概算     23億2101万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9140 9170 9050 9130 71112
IS 9100 9130 9050 9050 6176


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅反落。
円高進行を警戒し、輸出関連株中心に利益確定売りが先行した。
先物への断続的な売りに戻りは鈍く、安値圏で停滞した。
後場も流れは変わらず、香港ハンセン指数などアジア株の下落に手じまい売りが加速し、指数は下げ基調を強めた。
大引けの日経平均株価は246円安の9093円と大幅反落した。
為替は、1ドル=95.50~95.52円(17:39現在)。


私の見方
為替の動きが異常だ。
SQ後、急速な円高が進んでいる。
何かの動きを感じます。


日柄のリズム 本日下げ転換。下げの4日目。


転換ライン 上げ転換ライン、日経平均株価で9389円を引け値で越えた場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら


日経平均            9340.49 (+41.88)
TOPIX            888.75 (+3.32)
東証一部出来高概算     23億9174万株 


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9320 9390 9270 9360 56668
IS 9320 9340 9300 9310 4757


今日の相場の一般的な見解
日経平均は小幅に反発。
昨日、下げたことで押し目買いが優勢となり、小幅に反発して始まった。
為替が1ドル=96円前後まで円高が進むと、主力株中心に売りに傾いたが、業績回復期待もあって底堅い展開。
後場、為替の落ち着いたことで買い戻しが入り、小高い水準で推移した。
アジア株や、アメリカ株価指数先物が堅調だったことも相場を下支えした。
大引けの日経平均株価は41円高の9340円と反発した。
為替は、1ドル=96.31~96.34円(17:54現在)。


私の見方
取りあえず停滞。
目先、下げ転換の可能性もある。
どちらに転んでもおかしくないところ。
先週のSQを境に流れが変わった可能性もあるので、要注意。


日柄のリズム 上げの8日目か下げの3日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9278円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9298.61 (-153.37)
TOPIX            885.43 (-15.02)
東証一部出来高概算     25億2196万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9340 9400 9300 9320 69109
IS 9350 9400 9340 9370 4493


今日の相場の一般的な見解
日経平均は反落。
前夜のアメリカ株安を嫌気し、金融株を中心に利益確定売りが広がった。
売り一巡後も戻りは鈍く、97円台に為替が振れたことで下げ基調を強めた。
後場は材料難に動意の乏しい展開となった。
アメリカ株価指数先物が下げ渋ると戻りを試す場面もあったが、円高で様子見気分が根強く、大引けにかけてジリ貧となった。
大引けの日経平均株価は153円安の9298円と6営業日ぶりに反落し、安値引け。
為替は、1ドル=97.71~97.73円(17:24現在)。


私の見方
当たり前のような反落に見えるが、果たしてどうか。
先物がお休み状態なので、動きが止まった感じがする。


日柄のリズム 上げの7日目か下げの2日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9298円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら


日経平均            9451.98 (+19.15)
TOPIX            900.45 (+5.10)
東証一部出来高概算     30億4039万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9470 9510 9340 9450 78238
IS 9390 9400 9350 9380 7060


今日の相場の一般的な見解
日経平均は小幅続伸、一時9500円回復も伸び悩む。
先週末のNY市場が上昇した流れを受けて、日本市場も続伸して始まった。
一時、9500円台を回復したが、目標達成感が浮上、利益確定売りに押し戻された。
後場に入り、再び上値を試すも9450円どころで、もみ合い、わずかに続伸して引けた。
大引けの日経平均株価は前週末比19円高の9451円と小幅ながら5日続伸した。
為替は、1ドル=97.91~97.93円(18:21現在)。


私の見方
上値が重たくなってきた。
もうちょっと上があっても良さそうな。


日柄のリズム 上げの6日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で9100円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9432.83 (+47.13)
TOPIX            895.35 (+9.42)
東証一部出来高概算     28億6584万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9400 9470 9350 9460 70732
IS 9460 9490 9430 9470 4876


今日の相場の一般的な見解
日経平均は続伸、9400円回復で連日の年初来高値。
アメリカで金融機関ストレステストの発表があったものの大きなサプライズは無く、NY市場の下落も材料にはならずに日経平均は昨日の終値付近でもみ合いとなった。
このところの急ピッチな上げに対して利益確定売りがでるものの、為替の落ち着きを背景に下値は限られた。
後場は次第高の展開。
銀行株を中心に一段高となった。
買い一巡後は手じまい売りに押され、伸び悩んだが9400円を回復し、連日で年初来高値を更新した。
大引けの日経平均株価は47円高の9432円と4日続伸。
昨年11月以来、約6カ月ぶりに9400円台を回復した。
オプション5月物のSQ推定値は9389円。
為替は、1ドル=99.39~99.41円(18:28現在)。


私の見方
上値追いになってしまった。
アメリカ市場の上げに比べて、上げすぎの感じ。
どこまでいくか。


日柄のリズム 上げの5日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で8827円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            9385.70 (+408.33)
TOPIX            885.93 (+39.08)
東証一部出来高概算     31億902万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 9380 9410 9290 9370 75000
IS 9360 9450 9340 9450 6787


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅続伸、9300円回復で年初来高値。
連休明けの東京市場は、アメリカ市場の堅調を受けて、大幅に続伸して始まった。
7日に発表されるアメリカ金融機関のストレステストに対してかなり悪い数字を予想しつつも、それを織り込んだ形で、その後の金融安定化への期待感から、銀行や保険などを中心に大幅高、指数を押し上げた。
買い一巡後は、高値圏でもみ合い状態。
後場に入り、ここ4日間で900近く上昇していることで、利益確定売りも出たが、主力株が継続的に物色され、高値圏を維持した。
信用の売残が増加しており、買戻しを誘発したことも上昇を後押しした。
大引けの日経平均株価は1日終値比408円高の9385円と3連騰し、高値引け。
上げ幅は今年最大を記録した。
為替は、1ドル=99.41~99.43円(18:42現在)。


私の見方
上値追いになってしまった。
アメリカ市場の上げに比べて、上げすぎの感じ。
どこまでいくか。


日柄のリズム 上げの4日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で8615円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



日経平均            8977.37 (+149.11)
TOPIX            846.85 (+9.06)
東証一部出来高概算     22億4750万株


日経平均先物6月限(イブニングセッションは本日分)
日中四本値 8870 9050 8840 9030 70733
IS 9050 9110 9050 9110 4663


今日の相場の一般的な見解
日経平均は大幅続伸。
アメリカ・クライスラーが経営破綻となったが、NY市場が冷静に受け止めた流れを受けて、寄り付きからしっかりで始まった。
円が下落基調であることも買い材料となった。
前引けでは、大型連休前の手じまい売りで伸び悩む場面もあったが、後場に入り、先物へ断続的に買いが入り、上伸。
取引時間中としては約2週間ぶりに9000円台を回復したが、終値ベースでは維持できなかった。
大引けの日経平均株価は149円高の8977円と大幅続伸した。
為替は、1ドル=99.41~99.43円(18:57現在)。


私の見方
為替の動きが激しすぎる感じ。
強い相場だったが、不自然さはきわまりない。
今日で上げ転換。
目先は、9000円台での値動きを予想。


日柄のリズム 本日、上げ転換。上げの3日目。


転換ライン 下げ転換ライン、日経平均株価で8493円を引け値で割った場合。


日経平均先物ノウハウ情報←←←こちら



←←← ランキング参加です。ご協力おねがいします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物初心者へ←←← も一つご協力おねがいできませんか。


今日の株式相場は?日経平均先物投資の為に トップへ戻る

| ホーム |


 BLOG TOP 


SEO対策対策済テンプレート
Google